契約社員とは?正社員との違いやメリット・デメリットを解説

就職・転職ノウハウ

転職や就職を考えるとき、ご自身がどのような形で雇用されるかを重視して応募先を検討する方は多いと思います。「社員」か「パート・アルバイト・派遣社員」のどちらを希望するかについては、しっかり考えている方が多数でしょう。しかし「社員」という雇用形態も、2つに分類されることをご存じでしょうか。

この記事では、「契約社員」と「社員」という2つの雇用形態について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
Zeals友達登録

契約社員とは?

一般に「契約社員」と呼ばれる雇用形態は、勤務先が直接雇用する形で、かつフルタイムで働く「有期契約社員」を指します。ここでは、契約社員とはどのような働き方を指すのか、より具体的に見ていきましょう。

契約社員の概要

契約社員とは、毎日の働き方は基本的に正社員と同じですが、雇用主との契約によって勤続期間に期限を設けている社員を指しています。1回の契約による勤続期間は3年が上限となっており、契約満了の時点で更新を行うか契約終了になるか、いずれかの対応が必要になります。
契約社員の雇用に関して良く知られていることには「5年ルール」の存在が挙げられます。

5年ルールとは?

1人の契約社員を同じ勤務先で継続して雇用している場合、その年数が通算で5年を超過していて所定の要件を満たしていれば、次の契約更新時に「無期雇用(期限を設けない雇用契約)」への転換を契約社員側が申し出られます。申し出があれば、雇用主はその契約社員を無期雇用(正社員)に転換して雇用を継続することが義務付けられています。
簡単にご説明すると、「同じ職場で契約社員として5年以上働いた人は、次の契約を結ぶ際に正社員へ転換しなければならない」ということとなります。

契約社員と正社員の違いは?

契約社員の概要についてご説明しましたが、契約社員は働き方や待遇の面で正社員とどのような違いがあるのでしょうか。

大きな違いは有期雇用であるかどうか

もっとも大きな違いは、有期雇用であるかそうではないかということです。正社員は契約期間などがない無期雇用で、基本的には定年で退職するまでその職場で働き続けることを前提として雇用されています。それに対し契約社員は期間を設け、その期間内だけ勤務するという雇用契約により、有期雇用で働くことになります。

ボーナスの有無

一般的には、正社員には業績に応じて年1~2回のボーナス(賞与)が支給されます。このボーナスを契約社員にも支払っている企業は、それほど多くはないと言われています。契約社員にボーナスが支給される企業もありますが、基本的には少額です。統計データを見ると契約社員のボーナスは年間20~40万円ほど、年間100~150万円ほどの正社員との差は、年間約100万円超にもなると言われています。

退職金の有無

正社員に退職金制度を設けている企業は数多くありますが、その場合であっても契約社員には退職金がないことがほとんどです。

福利厚生の手厚さ

正社員が受けることのできる福利厚生が、契約社員には認められていないこともあります。

契約社員のメリット・デメリット

契約社員として働くことを考えている方は、事前に契約社員という働き方のメリット・デメリットについて理解しておくと良いでしょう。ここでは、契約社員で働くことのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット1.特定のスキルを活かせる

契約社員はその業務内容が契約によって決められているため、ご自身が持っているスキルや得意分野に特化した働き方を選択しやすいメリットがあります。

メリット2.さまざまな職場環境を経験できる

ある職場との契約が満了した後は、次の職場を見つけてまた新しい働き方で就業できるなど、契約社員は転職の面でのフットワークが良好です。

メリット3.正社員より責任を負うことが少ない

正社員と比較して、重責を負う業務を任せられることはありません。また転勤の可能性もなく、ワークライフバランスを保ちやすい点もメリットです。

デメリット1.収入が安定しない

働いているうちは定期収入が確保できますが、契約期間が満了すると引き続きその職場では働けなくなります。このため、長期的に見ると収入が不安定になる可能性があります。

デメリット2.ローンの契約審査が通りにくい

住宅ローンなど長期のローンは、有期雇用である契約社員だと審査に通りにくくなります。

正社員のメリット・デメリット

契約社員との比較を兼ねて、ここでは正社員のメリット・デメリットについても見ていきましょう。

メリット1.収入が安定する

基本的に定年退職まで同じ職場に勤め続けられるため、働いている間の定期収入が確保できます。

メリット2.社会的信用を確保できる

正社員として働いていると、収入や仕事を長期間保証されているとみなしてもらえることで信用度が向上します。クレジットカードやローンの審査においては、特に正社員であるか否かという点が重視されます。

デメリット1.残業や休日出勤を求められる

業務のなかで超過勤務や休日出勤の必要性が出たときは、まず正社員が出勤を求められます。

デメリット2.異動や転勤の可能性がある

契約社員は雇用契約を結んだ職場以外で働くことはありませんが、正社員は別の事業所へ転勤したり、別部署へ異動したりする可能性があります。

デメリット3.仕事の責任が重い

正社員はその仕事において、長期的に会社の利益を尊重して働くことを求められます。そのため、業務面で負うべき責任も重いものとなります。

契約社員に向いている人は?

契約社員と正社員のメリット・デメリットを把握できましたので、次に契約社員として働くことに適した方とはどのような人物なのかを見ていきます。

プライベートを充実させたい人

契約社員として働く場合には、その雇用契約ごとにさまざまな条件での働き方が可能です。このため時短勤務などを選べる場合もあり、育児や介護などで仕事とプライベートの両立を最優先したい人に向いているのが契約社員という働き方です。

決められた仕事をコツコツこなすことが得意な人

契約社員は、雇用契約を結ぶ時点で業務内容が決まります。それ以外の仕事を任せられることは基本的にはないため、同じ作業を繰り返すなど1つのことを淡々とこなせる人には向いていると言えます。

さまざまなスキル・経験を積みたい人

契約社員は雇用期間が最長3年とされており、ご自身次第では多くの職場や仕事を短期間で経験できる場合もあります。1つの職場に縛られず自由に働く場を選択できるため、ライフワークを見つけるまでは何にでも挑戦してみたいという方には向いているでしょう。

契約社員として働くときの5つのチェックポイント

契約社員として働くことを検討している方は、就職を決める際に以下の5つを必ず確認しておくと良いでしょう。

1.労働条件通知書の更新の有無と条件

契約更新があるかないかについては、働き始める前に必ずチェックしましょう。契約社員が契約終了となった場合は「退職」の扱いになります。契約更新があると思い込んでいて実はそうではなく、想定外に退職を余儀なくされる事態を防ぐため、契約更新の有無と条件を確認し、計画的に働ける状況を作っておくことは大切です。

2.給与形態

支給される給与は、正社員などと同様に「総支給額(額面上の給与)」と「手取り額(給与から控除される額を引いた実際の振込額)」が異なります。事前に総支給額と手取りを必ず確認しておき、しっかり生活設計をしておくことも重要です。

3.ボーナスの有無

契約社員の場合、ボーナスは「賞与」ではなく「一時金」や「金一封」として支給されるケースも一般的です。これを頭に入れておき、契約社員として働いていてもボーナスが支給されるかどうかを確かめましょう。

4.労働時間や残業手当について

まず、1日の労働時間を必ず見ておきましょう。正社員と同時間働くフルタイム勤務なのか、パートの働き方に近い時短勤務なのか確認します。
また、時間外勤務(超過勤務)が発生した場合の残業代が法令に基づいて支給されるかどうかも、必ず確かめましょう。

5.社会保険の加入項目

もし「社会保険あり」とだけ記載がある場合は、雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険すべてへの加入ではない可能性もあります。「社会保険完備」であれば先述の4項目すべてに加入することとなりますが、そう記載されていない場合は加入項目を確かめる必要があります。

まとめ

新しい職場で働く上で、雇用条件は非常に大切です。特に、働き方として契約社員を選ぶ場合は、契約期間や更新の有無などさまざまな条件を確認し、その働き方がご自身に適しているかじっくり検討する必要があります。
ご自身が契約社員という働き方に向いているか、将来的に正社員をめざすなら正社員登用の可能性はあるかなど、想定する要件を洗い出して納得できる転職先を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました